前へ
次へ

借金の時効の仕組みを知って逃げ続ける

日常的にお金を借りるといえば親等からになるでしょう。
もちろん親等でも法的な借金になることもありますが、数万円程度であれば家庭内の話と言えそうです。
ただし他人であったり業者からの借金となると少額であっても法的な措置を取られることもあるので、きちんと期限内に返済しないといけません。
借金に関しては返済期限までに元本と利息を返済しないといけませんが、法律上は返済しなくて良くなる時効が決められています。
貸した方が借りた方に催促をしなかった日から10年が経過すると時効成立となり返済義務がなくなります。
この仕組みを知っている人は逃げ続けようと考えるかもしれません。
貸した方は時効を成立させないために借り手に内容証明による督促状などを送付して時効を中断しようとするでしょう。
でも借り手が逃げていると督促状が相手に渡らない可能性があります。
相手に渡らなくても裁判を起こして判決が出ればそれに基づいて時効が中断します。
貸し手が諦めなければいつまでも時効は来ないかもしれません。

京都の不用品回収・処分業者おすすめ5選

大事な方のものだからきちんと業者を選らんで片付けてもらう

故人様の大切なお品物のお片付け代行

遺品整理 豊中

不用品回収・遺品整理・引っ越しのエコループ

Page Top